仮想通貨XPのを無料で入手する4つの方法と日本人受けする特徴とは?

Pocket

XPは日本人向け仮想通貨!?

 

XPは現在SNSなどを中心として注目度が急上昇している仮想通貨です。

 

エクスペリエンスポイント(Experience Point)という正式名称の頭文字を取った事が名前の由来で、ゲームにおける経験値と同じ意味です。

 

ゲーム・経験値と聞くと、ドラクエやファイナルファンタジーなどのRPGゲームをイメージされるかも知れませんが、XPはゲームの世界とリンクさせたいという考えから生み出された側面もあるんです。

 

今回の記事はXPの日本人が馴染みやすい特徴に加えて、XP独自の仮想通貨の入手法についてご紹介します。

 

 

仮想通貨XPの保有者のほとんどが日本人?

XPは日本人に受け入れられやすい特徴を持っていることもあるせいか、XPの保有者の7割が日本人なんです。

 

当初はRPGなどのゲームユーザーを意識して開発された仮想通貨ですが、今日ではれっきとした一つの銘柄として存在感を高めていて、2017年の12月の中旬には2日間でおよそ35倍も値上がりしました。

 

そのようにXPが急激に高騰し注目度も高くなっているのは、コミュニティが日本のユーザーに受け入れられやすい点が関係しています。

 

また価格が高騰した2017年の年末にはXPユーザーが2万人を超えた事からも相性の良さがよくわかります。

 

さらにXPの日本人コミュニティの掲示板は、あまりにも書き込まれるペースが速くて追うことが困難な程盛り上がりを見せていました。

 

そのようなXPの特徴は、やはり元来の目的であるゲームになぞらえた要素が多々ある事が大きな要因となっているようです。

 

仮想通貨XPを無料で手に入れる4つの独自の入手方法

XPを売買をする際には取引所を利用する事も可能ですが、その他にも4つの独特な方法でXPを入手する事ができます。

 

  1. ゲームを利用してXPを入手する
    他にはない強みで元来の醍醐味が味わえる手段として挙げられるのがゲームを使用して取得していく方法です。
    ゲーム内での成績を高めていく事によりコインが入手できるようになります。
  2. スポーツで成績を残してXPを入手する
    続いてスポーツ競技に参加し輝かしい成績を記録するとメダルのようにコインを貰う事もでき、健康意識の高まりによって各方面から注目されています。
    運動するきっかけ作りになり健康寿命を延ばすために一役買う事ができるとして、医療機関などからも注目されています。
  3. 教育機関を活用してXPを入手する
    仮想通貨自体に苦手意識を抱いていたり難しそうに感じている初心者の方でも、手を出すための良い機会になり得るのが教育機関での活用です。
    大学などでは講義に出席すればXPが貰えるシステムを導入している事例が増えています。
    出席するだけコインが受け取れる点に惹かれ学生達の出席率が飛躍的に向上している上に、大学全体の成績も高まり双方にメリットが発生しています。
  4. 社会に貢献してXPを入手する
    ボランティア活動のように、地域の社会に対して貢献した際に謝礼としてXPを配布する地区が出て来ています。
    そういった仕組みは世界では既に一般化しているので、日本国内でも同様にボランティア活動に参加するとコインが得られるようになる日はそう遠くありません。

 

仮想通貨は取引所で購入して手に入れるというイメージがほとんどかも知れません。

 

しかし、XPは買う方法以外にもゲーム・スポーツ・勉強など様々な方法で入手することが出来る仮想通貨です。

 

このようにXPを無料でゲットする方法がたくさんあるので、初めての方でもリスクを背負うことなく始められるのではないでしょうか。

Related Post

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です