仮想通貨になぜお金としての価値があるのかシンプルに解説

Pocket

なぜ仮想通貨なんてものが流行っているんだろう?

 

ビットコインなどの仮想通貨が

  • なぜ、お金としての価値があるのか
  • ホントに仮想通貨を信用してもいいのか

 

という疑問がありませんか?

 

その疑問、この記事を最後まで読めば
意外と簡単に解決してしまうかも知れません。

 

なぜ、仮想通貨がお金としての価値を認められているのかを理解するには
あなたのお財布の中に入っているお金が
なぜお金なのか
がわかれば簡単に理解できるようになります。

 

それでは最初に、
あたなが毎日使っている日本円について考えていきましょう。

 

 

仮想通貨にお金としての価値がある理由

仮想通貨がお金としての価値を持っている理由を理解するには、
あなたが使っている日本円がなぜお金としての価値があるかを理解することがカギとなります。

 

日本円がなぜお金としての価値を持っているのか

 

いきなりですが、
日本円がなぜお金として価値を持っているのか
の答えは・・・

世間の人が日本円の価値を認めて信用しているから

みんなが日本円をお金だと思っているから

です。

 

ちょっと考えてみて下さい。

 

日本で一番高い1万円札ってただの紙切れですよね?

 

ではなぜ日本にいる人は、ただの紙切れに価値を認めてお金として使っているのでしょうか?

 

その答えはただ1つ

信用

の一言で片付いてしまいます。

 

日本や日本銀行に対する信頼がお金としての価値を生み出す

信用

 

その信用が何に対する信用かというと

  • 日本という国
  • 日本銀行

 

に対する信用です。

 

あなたを含めた日本にいる人たちは、日本や、お金を発行している日本銀行を
信用しているからこそ、日本円を信用して不自由なくお金を使うことができています。

 

ここでのキーワードは信用です。

 

仮想通貨にお金としての価値があるのは信用があるから

仮想通貨がお金として使われている理由
これも一言で言ってしまえば

信用

です。

 

私たちが日本円を信用しているように
仮想通貨を使っている人たちは
仮想通貨を信用しています。

 

だから、仮想通貨がお金としての価値を持って世界中で使われているんです。

 

しかし、ここで1つ疑問が浮かび上がってきませんか?

 

 

なぜ仮想通貨は信用されているのか?

日本や日本銀行を信用できるのは理解できると思います。

 

信用があるからこそ、日本円や仮想通貨が
お金として使われていることも理解できたと思います。

 

でも、根本的な問題として仮想通貨って信用できないですよね?

 

今までは仮想通貨に信用があるという前提でお話してきましたが、
そもそもなぜ仮想通貨が信用できるのかはお話していませんでした。

 

仮想通貨には日本銀行みたいな中央銀行はありません。
そして、どこかの国が管理しているわけでもありません。

 

そのような状態で、なぜ仮想通貨は信用されているのか。

 

そのワケを解説していきます。

 

仮想通貨の管理システムが信用される理由となる最大のカギ

 

仮想通貨で最も有名なビットコインを例に出して説明していきます。

 

ビットコインが人々から信用されているのは
ビットコインの管理システムが画期的だったからです。

 

その画期的なシステムは大きく次の2つに分けられます。

  1. ビットコインの枚数に限りがある
  2. ビットコインの使用者で取引を監視する

 

それでは1つずつ説明していきます。

 

ビットコインは枚数制限があるから信用されている

 

ビットコインは2100万ビットコインまで、と決められています。

 

このように上限があるとビットコインの価値が一定に保たれます。

 

これは金に価値があるのと同じ仕組みです。

 

昔から金には価値がありますよね。
金そのものがお金として使われていた時代もありました。

 

金は地球上に存在する量が決まっています。
地球上からこれ以上、金が増えたり減ったりすることはありません。

 

だから、金の価値は一定に保たれて人々からその価値を信用されています。

 

ビットコインも金と同じような仕組みです。
金のようにビットコインにも上限を設けることで価値を一定に保ち、人々の信用を得ているってわけです。

 

使用者全員で監視し合うことで安全性を保つ

ビットコインでは、世界中のデータのやり取りをビットコインの使用者全員で監視しています。

 

例えば、あなたが友達のAさんに100ビットコインを渡したとします。

 

すると、あなたの元とAさんの元には
100ビットコイン送金(あなた⇒Aさん)
というデータが残ります。

 

しかし、ビットコインでは
100ビットコイン送金(あなた⇒Aさん)
というデータがビットコインを使用しているすべての人に共有されます。

 

そうすることで、データの改ざんや不正ができないような仕組みを作っています。

 

もちろん、これらのデータは暗号化されているので、あなたがAさんに100ビットコイン送金したということが公になるという心配はありません。

 

このようにして、全ての取引を
データ上ですべての使用者が監視し合うことによって安全性を保っています。

 

だから、データ改ざんや不正が無く、信用されているというワケです。

 

これまで、長々と説明してきましたが、
仮想通貨を信用して仮想通貨をお金だと思っている人が、仮想通貨を使っているということです。

 

なので、仮想通貨を信用していない人にとって仮想通貨の価値はゼロに等しいです。
逆に、仮想通貨を信用している人にとっては、お金と同等の価値があるのです。

Related Post

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です