仮想通貨とは?存在意義や誕生したワケをわかりやすく解説

Pocket

仮想通貨ってどういう意味?

 

何となくはイメージできるけど
説明しろって言われたらできないかも

 

仮想通貨って言葉は有名だけど
実態はよくわからないなぁ

 

・・・と思っているあなた。

 

結構モヤモヤしてるんじゃないんですか?

 

そのモヤモヤ、
この記事を読んで一発で吹き飛ばしちゃいましょう!

 

出来るだけわかりやすく
解説しているつもりなので読んでみて下さい。

 

ってことで早速本題に入っていきます。

 

仮想通貨とは一言で表すと何?

いきなり結論ですが仮想通貨を一言で表すと

インターネット上にだけ存在するお金

です。

 

なので、この記事の一番上にある写真のような
コインの形をしている物ではありません。

 

あくまでもインターネット上にしか存在しないお金なので
あなたのお財布にいれて持ち歩く、なんてことは出来ないんです。

 

仮想通貨の保管場所ってどこ?

「仮想通貨を財布に入れて持ち運べないんだったらどうやって保管するんだろう?」

という疑問が思い浮かぶかも知れません。

 

仮想通貨は大きく分けると次の3つの保管方法があります。

  1. オンライン型
  2. クライアント型
  3. オフライン型

 

オンライン型は取引所などの会社に
ネット上で仮想通貨を預かってもらう保管方法です。

 

クライアント型では、あなたのパソコンやスマホに仮想通貨を保管します。

 

オフライン型では紙やUSB型のメモリに仮想通貨を保管する方法です。

 

結構ざっくりした説明なので、
しっくりこないかも知れませんね…(汗

 

なので、仮想通貨の保管方法について
もっと詳しく知りたいという場合は、
別の記事にまとめる予定ですのでそちらを参考してください。

 

仮想通貨が誕生したワケとは?

仮想通貨って投資・投機して
小遣いを稼いだりお金を儲けるっていうイメージがないですか?

 

そのイメージが先行して
仮想通貨本来の存在目的が知られていないことが多いんです。

 

仮想通貨はそもそも
「世界中で使えるお金があったらいいな」
と考えている人たちから始まったと言われています。

 

なので、仮想通貨で儲けてやろう!
と言って仮想通貨が誕生したのではなく、
世界で通用する通貨があれば便利だよね
という多くの人の思いから誕生しました。

 

実際、私たちが使っている国の通貨って不便な点があります。

 

例えば、国ごとで使用する通貨が違うので
違う国で使おうとすると換金する必要があったり、手数料がかかったりします。
財布に入れて持ち運んでいると
盗まれたりどこかに忘れてきたりなんてこともあります。

 

そのような不便さをなくすために生まれたのが仮想通貨です。

 

日本では実感できない仮想通貨の必要性

日本に住んでいると仮想通貨の便利さはあまり実感できないのが事実です。

 

それはなぜかというと
日本円は絶対的な信用があるから
です。

 

日本では仮想通貨が無くても
生きていけるし不便に感じることは少ないと思います。

 

でも、情勢が不安定で紛争が絶えず、
政府が全く機能していないような国ではどうでしょうか?

 

そういった国では、
そもそも自国のお金に信用がありません。

 

突然お金の価値が無くなってただの紙切れになってしまったり、
偽札が横行してお金そのものの信用が無くなるんです。

 

日本とは大違いですよね。

 

そんな時に仮想通貨があったらどうでしょうか?

いつ価値が無くなるかわからない自国のお金を仮想通貨に換金しておけば、
自国のお金がただの紙切れになったとしても
仮想通貨にしているお金は失われずに価値を保ち続けます。

 

日本のように安全で”円”に信用があるなら、
仮想通貨の必要性や便利さがわかり辛いかも知れませんが、
戦争が絶えず情勢不安定の国のことを考えると
仮想通貨の必要性、便利さが理解しやすいと思います。

 

仮想通貨は日々価値が変動する

円やドルなどの世界の通貨は日々その価値が変動していますよね。

 

ある日
1ドル=100円だったのに
またある日は
1ドル=110円になっている、というように
常に世界の通貨の価値は変わっています。

 

仮想通貨も似たようなもので、
円やドルのように日々、仮想通貨の価値が変わっているんです。

 

(※以下レートなどは、わかりやすくするために適当なレートを使っています)
仮想通貨で有名なビットコインで例えると
ある日
1ビットコイン=1円だったのに
次の日になると
1ビットコイン=1000円
なんてことが起こり得ます。

 

もし、あなたが
1ビットコイン=1円の時に
100円を使って100ビットコインを買ったとします。
そして、
1ビットコイン=1000円の時に
持っている100ビットコインをすべて売るとします。

 

するといくら、あなたの元に返ってくるでしょうか?

なんと!
100ビットコイン✖1000円=10万円
という金額になってあなたの元に返ってきます。

 

たった100円が10万円になるんです…

 

普通に働くのが馬鹿らしくなってくるかも知れません(笑)

 

ちょっと大げさな例えじゃないの?
と思うかも知れませんが、仮想通貨の世界では実際にあるような話なんです。

 

このようにして、

 仮想通貨の価値が変動する
⇒仮想通貨が安い時に買う
⇒仮想通貨が高い時に売る
⇒儲けることができる

ということで、仮想通貨に手を出している人が多くなっています。

 

先ほど言った
仮想通貨=投資、稼ぐ・設ける
というイメージがあるのも、
仮想通貨の価値が変動するからなんです。

 

その他にも仮想通貨について、
知りたいことやモヤッとしていることがあれば
このサイトを使ってやってください<m(__)m>

Related Post

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です