楽天コインで仮想通貨事業に参入!?ポイントとブロックチェーンを組合わせた技術とは?

Pocket

2018年2月27日

楽天の三木谷浩史会長兼社長はバルセロナで開催された「モバイル・ワールド・コングレス」で、「楽天ポイント」と仮想通貨の基幹技術である「ブロックチェーン(※)」を組み合わせた「楽天コイン」を作るという構想を明らかにしました。

 

 

楽天が楽天コインで仮想通貨事業に参入する狙いは?

楽天ほどの大企業が仮想通貨事業に参入するとなると、仮想通貨業界のさらなる盛り上がりが期待できそうですが、「楽天コイン」の狙いは一体何なのでしょうか?

 

楽天ポイント
楽天のネット通販や楽天トラベルを利用することで付与された楽天ポイントは、すでに1兆ポイントを超えているそうです。

 

しかし現在、その楽天ポイントの利用は日本国内に限られていることもあって、海外での楽天ポイントの利用はできません。

 

楽天コイン
今回発表された楽天コインは仮想通貨のブロックチェーン技術を用いることで、楽天コインが各国で共通に利用できる仕組みになるようです。

 

楽天は楽天コインの構想を現実化させることで国際事業の更なる拡大を狙っているとみられます。

 

しかし、楽天コインに関する詳細情報や、サービス開始時期についても発表されていません。

 

楽天がどのようなシステムで「楽天コイン」を運用するのか、今現在使われている「楽天ポイント」は今後どうなっていくのかについては、新しい情報の展開を待つしかないようです。

 

楽天コインとブロックチェーン技術を組み合わせて可能となるサービスの予測

ブロックチェーン技術を使っている仮想通貨(ビットコインなど)は世界中での取引が可能になっています。

 

楽天コインもビットコインなどと同じように各国での利用が可能になるようですが、その利用範囲や利用可能なサービスはどうなるのでしょうか。

 

ビットコインなどの仮想通貨の特徴として挙げられるのが法定通貨(日本円など)への換金が出来ますが、これによって、仮想通貨は投資や投機としても利用されています。

 

楽天コインを日本円に換金できるようなサービスが実現されるかどうかは分かりませんが、もし実現されるとなるとこれまで以上に楽天を利用する人が増加し、日本国内だけでなく世界中で利用されることになりそうです。

 

しいし、現行の「楽天ポイント」が楽天のサービス内だけで利用できているように、「楽天コイン」も楽天のサービス内だけで利用できるシステムになる可能性もあります。

 

楽天コインを日本円に換金できるサービスが実現される可能性は低いように思いますが、今後の発表で楽天コインの実用性がどこまで広がっていくのかが気になるところではあります。

 

余談
楽天のサービスは結構利用させてもらっているので、個人的に今後の展開がかなり気になります(笑)

 

万が一、楽天コインを日本円に換金できるサービスが実施されると、ビットコインなどと同じように投資や投機目的として利用する人が増加するため「楽天コイン」はかなり不安定な価値変動をする恐れがあります。

 

安定して楽天コインを運用するのであれば、楽天が提供するサービス内での利用に限定するのが理想かも知れません。

 

その辺りも今後どのように進展していくのか、楽天のサービスを利用している私にとってはかなり注目しているポイントです。

 

もしあなたも普段から楽天を利用しているのでしたら、今後「楽天ポイント」ではなく「楽天コイン」にお世話になる可能性が高くなります。

 

今後の「楽天コイン」に関するニュースには、ちょっと敏感になって注目してみてはどうでしょうか。

 

(※)ブロックチェーンについて詳しく知りたいようでしたら、こちらの記事がオススメです。

ブロックチェーンとは?初心者でも簡単に理解できるわかりやすいように仕組みを解説!

2018.02.16

Related Post

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です