取引所のウォレットに仮想通貨を預ける仕組みとは?意外と知らない内部システム

Pocket

真実を知らないあなたは大損する可能性が・・・

 

あなたが仮想通貨を取引所に預けるとき、どのような仕組みであなたの資産が管理されているか知っていますか?

 

2018年1月26日にコインチェックのNEM流出事件がありましたよね。

 

あの事件、もしNEMをコインチェックに預けていた人たちが、取引所がどのように顧客の仮想通貨を管理し運用しているかを知っていれば、事件の被害者になることはなかったかも知れません。

 

仮想通貨や取引所に関する知識が少しあっただけで、約26万人の被害者にならずに済んだ可能性があるんです。

 

仮想通貨の世界というのは、知識・情報を知っているか知らないかで得をするか損をするかが決定する世界と言っても過言ではありません。

 

少なくとも、あなたが仮想通貨の知識・情報を手に入れていれば、コインチェックのような事件に巻き込まれることはほぼ確実に防ぐことができるのではないかと思っています。

 

そこで今回は、仮想通貨を持っている人やニュースやネットで仮想通貨について偉そうに話している人でも意外と知らないかもしれない基本的な情報をお伝えしていきます。

 

取引所のウォレットには一体何を預けているのか?

取引所を利用している人は一体”何”を取引所のウォレットに預けていると思いますか?

 

・・・いやいや、そんなのビットコインとかイーサリアムとかの仮想通貨を取引所に預けてるに決まってるじゃん(笑)

 

って思ってしまいませんでしたか?

 

もし、万が一そのように思ってしまったのであれば、残念ながらあなたは仮想通貨を狙って悪事を働くハッカーたちの餌食になってしまう可能性がかなり高いです。

 

恐らく、コインチェックにNEMを預けていて被害に遭われた方々の大半も同じように、取引所のウォレットには仮想通貨がそのまま保管されていると思い込んでいたのだと思います。

 

その思い込みがコインチェックNEM流出事件の規模をあそこまで大きくし、約26万人の被害者を出した原因になっているという可能性も否定できません。

 

逆に言えば、そんな思い込みをせずに正しい知識を持っていれば、被害者になることを免れることが出来たと言うことです。

 

取引所のウォレットに預けているものの正体とは?

通常、取引所のウォレットには仮想通貨そのものではなく、”秘密鍵”を預けています。

 

仮想通貨そのものではなく”秘密鍵”なんです。

 

これを聞いてどう思いましたか?

 

そんなの知ってるよ!っていう人もいるかも知れませんし、秘密鍵って言われても具体的にイメージできないって人もいると思います。

 

そもそも言っている意味がわからないっていう人もいるかも知れませんね。

 

ということで、秘密鍵を取引所のウォレットに預けている状態を、出来るだけ理解してもらいやすいように説明していこうと思います。

 

取引所のウォレットに秘密鍵を預けるのは危険行為!?

”秘密鍵”と言われても、一体どんなものなのか想像できないのではないでしょうか?

 

そこで、今回は銀行を例にして説明していこうと思います。

 

取引所のウォレットに保管されている”秘密鍵”は、銀行で言うところの”印鑑”です。

 

つまり、普通なら家で大事に保管しているはずの秘密鍵を銀行に預けちゃってるってことになります。

 

何がマズいのかというと、取引所に秘密鍵(印鑑)の他に通帳も預けてしまっているというがマズいんです。

 

銀行を利用するときは普通こんなことしませんよね?

 

印鑑も通帳も銀行に預けているなんて人はいないと思います。

 

しかし、仮想通貨では印鑑も通帳も取引所に預けているという状態になっています。

 

もし、この印鑑と通帳が盗まれて悪者の手に渡ってしまうと、あなたの資産はかなり危険な状態に晒されることは簡単に想像できますよね。

 

つまり、取引所のウォレットに秘密鍵を預けているということは、不正アクセスの被害を受けてしまうと簡単に仮想通貨を盗まれてしまうという状態を自ら作り出しているということです。

 

しかし、秘密鍵(=印鑑)を取引所に預けてしまっているという真実を知らない人が沢山います。

 

そして、そのような人たちがコインチェックからNEMを盗まれてしまったというわけです。

 

取引所のウォレットには秘密鍵を預けない

これまで説明してきたことから、今後あなたがやるべきことは、何も考えず言われるがままに取引所のウォレットに秘密鍵を預けないことです。

 

そして、あなた自身でしっかりと秘密鍵を管理して守っていくことが重要になってきます。

 

秘密鍵を守るためにはハードウェアウォレットを利用するのが、最もセキュリティ的に安全ではないかと思っています。

 

今後取引所のシステムが進化して、絶対に悪質なハッカーに秘密鍵をお盗まれないセキュリティシステムが導入されるような時代が来るかもしれません。

 

しかし、それに合わせて悪質なハッカーの手口も進化して、まるでいたちごっこのような状態になってしまうことが想像できます。

 

そんないたちごっこに巻き込まれないようにするためにも、秘密鍵はしっかりとあなた自身の手で保管し守っていくことをオススメします。

Related Post

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です