DMMビットコインのセキュリティは本当に安全なのか徹底検証!

Pocket

コインチェックのNEM流出事件をきっかけに仮想通貨取引所の安全性が問われ始めており、国内の取引所では早急にセキュリティ対策を進めています。

 

人気タレントを起用した大手取引所のDMMビットコインでもセキュリティを強化しており、利用者が安心して取引できる環境を整えています。

 

取引所の利用者数が増えるほど問題視されるのが取引所の安全性で、悪質なハッカーや詐欺師は利用者数や取引量が多い取引所を狙う傾向にあります。

 

そこで今回は、あなたがDMMビットコインに登録しても安全に仮想通貨の取引ができるのか・保管できるのかについて検証していきたいと思います。

 

 

DMMビットコインのセキュリティの安全性は金融庁のお墨付き!?

↑の画像は仮想通貨交換業者登録一覧の一部です。
(赤枠内がDMMビットコイン)

 

仮想通貨交換業者登録一覧に載っている取引所は、金融庁から正式に仮想通貨交換業者として認められている取引所ということになります。

 

ちなみに事件が起こったコインチェックはこの一覧には登録されておらず、みなし業者として取引所を運営していました。

 

今では、この仮想通貨交換業者登録一覧に載っているか載っていないかが、取引所の安全性を表す一つの指標になっています。

 

DMMビットコインは金融庁という第三者機関の厳重な審査を経て仮想通貨交換業者として登録されているので、国内の中でもかなり高いセキュリティ対策を実施し安全に運営されていると言えるのではないでしょうか。

 

もちろん100%絶対安全という保証はありませんが、安全な取引所を選ぶうえで仮想通貨交換業者登録一覧に載っていることは必要不可欠な条件です。

 

DMMビットコインが実施しているセキュリティ対策一覧

DMMビットコインでは、主に以下のセキュリティ対策を実施しています。

  • コールドウォレットによる仮想通貨の管理
  • 2段階認証の導入
  • SSL暗号化通信
  • DMMビットコインの資産と顧客資産の分割管理

 

コールドウォレットによる仮想通貨の管理

DMMビットコインでは、仮想通貨の秘密鍵をインターネットから隔離されたコールドウォレットで保管しています。

 

コインチェックの事件以降、コールドウォレット・ホットウォレットというキーワードが度々ニュースなどで取り上げられました。

 

コールドウォレット・ホットウォレットとは簡単に説明すると次のようになります。

  • コールドウォレット=オフライン上で仮想通貨の秘密鍵を保管
  • ホットウォレット =オンライン上で仮想通貨の秘密鍵を保管

 

コインチェックでは流出した仮想通貨NEMの秘密鍵をホットウォレットで保管していたため、悪質なハッカーの被害を受けやすい状態にあり、実際に被害を受けてしまいました。

 

仮想通貨の秘密鍵をコールドウォレット・ホットウォレットのどちらで保管するのかは、かなり重要な問題となります。

 

安全面を考えるとコールドウォレットで秘密鍵を保管するのが望ましく、コールドウォレットというインターネットと隔離された環境に保管することで悪質なハッカーの被害に遭う確率をゼロに近づけることができます。

 

2段階認証の導入

また、DMMビットコインは2段階認証を導入して、第三者になりすましてのログインや送金を阻止しています。

 

万が一アカウントが乗っ取られたりスマホをなくしたり盗難被害に遭っても、2段階認証を設定していれば、あなたのアカウントを使ってログインしたり送金することはかなり難しくなります。

 

1つ手間が増えるので少し面倒かもしれませんが、あなたの仮想通貨を守るためには2段階認証は絶対に必要なので忘れずに設定して下さい。

 

SSL暗号化通信

SSL(secure Socket Layer)暗号化通信と言われても、あまり聞きなれない言葉なのでピンとこないかも知れません。

 

SLLとはインターネット上のやり取りの「なりすまし」「盗聴」「改ざん」を防止するための通信方法のことを言います。

 

SSL暗号化通信を行っているかどうかは、サイトのURLを見ればすぐにわかります。

 

サイトのURLが「http://~」ではなく、「https://~」みたいにhttpの後にsが付いていればSSL暗号化通信を行っているということになり、DMMビットコインはSSL暗号化通信を行っているので「https://~」からURLが始まっています。

 

もし仮にSSL暗号化通信を行っていなければ、あなたのアカウントの情報などがすぐに盗まれて悪用され、あなたが預けている仮想通貨がかなり危険な状態に晒されるので相当ヤバいですが、DMMビットコインはその点の心配は必要ないでしょう。

 

DMMビットコインの資産と顧客資産の分割管理

DMMビットコインでは、顧客の資産は分割管理を行っていて、預けられたお金や仮想通貨は全てDMMビットコインの資産とは別にして管理しながら毎営業日ごとに算定・照合を行っています。

 

預けられたお金は自己資金とは別の口座で管理し、仮想通貨の保管場所はDMMビットコインが保有する分と顧客が保有する分を物理的に分離して管理しているため、DMMビットコインの資産と顧客資産が混同して扱われることはありません。

 

取引所の資産と顧客資産の混同は、コインチェックの事件でも大きな問題となりましたが、DMMビットコインではしっかりと分割して管理しているので顧客資産と混同して運用される心配ないでしょう。

 

DMMビットコインのセキュリティポリシー

DMMビットコインのセキュリティポリシーでは情報資産の安全対策に関する基本方針として、保有する全ての情報資産に安全かつ適切な管理を実現するためにDMMビットコインの取締役が定めているものです。

 

漏えい等から保護するために必要な最低限度の要件や責任の所在を明確化したり事故や損失を未然に防ぐことを目的としています。

 

DMMのセキュリティ対策の方針はは公式ホームページにある情報セキュリティポリシーで公開しているので、口座を開設する前に確認しておくことをおすすめします。

 

DMMビットコインを利用していく中で、不明な点や気になることがあれば、土日も含めた24時間対応のサポートを実施しているので気軽に相談してみましょう。

Related Post

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です