アルトコイン(イーサリアムなど)にも税金が課せられ確定申告の対象になる?

Pocket

※アルトコインも確定申告の対象!

 

ビットコイン以外のイーサリアムやリップルなどのアルトコインで儲けた場合って、確定申告はどうすればいいのでしょうか?

 

国税庁のホームページには、以下のように記載されていて、ビットコインは課税対象になるとされています。

No.1524 ビットコインを使用することにより利益が生じた場合の課税関係

[平成29年4月1日現在法令等]

 ビットコインは、物品の購入等に使用できるものですが、このビットコインを使用することで生じた利益は、所得税の課税対象となります。

 このビットコインを使用することにより生じる損益(邦貨又は外貨との相対的な関係により認識される損益)は、事業所得等の各種所得の基因となる行為に付随して生じる場合を除き、原則として、雑所得に区分されます。

 

しかし!どこを探してもアルトコインについての明確な記載はありません。

 

なので・・・

「アルトコインで儲けた場合の確定申告はどうすればいいんだろう…」

「明確な記載がないってことは、確定申告しなくてもいいのかな?」

と、不安や迷いが生じてくるのではないでしょうか。

 

そこで、今回はその不安や迷いを解消するために、
アルトコインで儲けた場合の確定申告について説明していきます。

 

 

アルトコインにも税金が課せられ確定申告が必要となるヒントを発見!

国税庁のホームページにはアルトコインの確定申告に関する明確な記載はありません。

 

しかし、アルトコインで儲けた場合も確定申告が必要になるというヒントを発見したのであなたにシェアしたいと思います。

 

そのヒントは、
国税庁の「仮想通貨に関する所得の計算方法等について」というFAQの資料に記載されています。

この資料に一通り目を通している時に、以下の文章を発見しました。

ビットコインをはじめとする仮想通貨を使用することによる損益は、事業所得等の各種所得の基因となる行為に付随して生じる場合を除き、
原則として、雑所得に区分されることとしていますが、例えば、事業所得者が、事業用資産としてビットコインを保有し、決済手段として使用している場合、
その使用により生じた損益については、事業に付随して生じた所得と考えられますので、その所得区分は事業所得となります。

※一部抜粋

 

注目してもらいたいのが、赤字で書かれている部分です。

”ビットコインをはじめとする仮想通貨”

このように記載されているのです。

 

”はじめとする”ということは、ビットコイン以外の仮想通貨、つまりアルトコインも含めた仮想通貨を対象としていることになります。

 

明示的にアルトコインについて記載されているわけではありませんが、この文章を見る限りではアルトコインで得た利益も雑所得に区分されると理解するのが自然だと思います。

 

アルトコインも雑所得として扱い、確定申告を行うのが無難!

国税庁のホームページではビットコインの確定申告については明記していますが、アルトコインについての明記が無いのが現状です。

 

しかし、そのような場合でもアルトコインで利益を得ているのであれば確定申告をしておいた方がよいでしょう。

 

アルトコインの確定申告を行わずに、後になってから加算税が課せられる、なんてこともあるかも知れません。

 

そんな面倒ごとに巻き込まれる前に、アルトコインで得た利益も雑所得に含めておいた方が無難です。

 

国税庁がビットコインについてしか明記していないので確実なことは言えませんが、様々なメディアや媒体でもアルトコインで得た利益も雑所得に含めることを勧めています。

 

ビットコインだけでなくアルトコインで儲けた場合も確定申告をするべき、というのが世間一般的な回答です。

 

後になって痛い目に逢わないように、確定申告はしっかりと済ませてくださいね。

Related Post

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です